損害保険


損害保険とは

損害保険とは、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称で、略して損保(そんぽ)とも呼ばれます。 風水害などの自然災害や自動車の衝突事故など、偶然な事故により生じた損害を補償するのが目的であり、保険会社が予想する損害率に応じて保険料(損害保険料)が定められます。 友進自動車で取り扱うメインの損害保険は、法的扱いにおいて「強制保険=自賠責保険」と「任意保険=自動車保険」の2種類となります。

強制保険(自賠責保険)とは、自動車を「運行」の用に供する際に、法律によって加入が義務づけられている損害保険で、基本的に車検の時に一緒にご加入いただく形となります。そのため、車検代の一部としてお支払いいただいている認識の方が多いかと思いますが、実際には当店で代行して徴収させていただき、損害保険会社にお支払いさせていただいています。また、自動車以外の二輪車(原付を含む)のお取り扱いも可能となります。

任意保険(自動車保険)とは、前述のように強制保険である自賠責保険では、被害者の最低限の救済を目的としたものであり、往々にして交通事故の被害者に結果的に生じた人的損害の賠償総額(治療費、休業損害、慰謝料などの合計額)に対して限度額が不足しがちであり、また、物的損害には保険が適用されません。さらに、交通事故等により自動車保険の契約者自身(被保険者)が被害者になった場合や、契約者の所有する自動車・オートバイが損壊した場合には、自賠責保険はその性格上、これらの人的損害、物的損害についてはなんら補償を与えるものではありません。 このように自賠責保険だけでは責任保険の限度額の面や、被保険者自身の補償の面で不十分であり、十分な保険を行う事を目的として、任意で加入できる保険が任意保険(自動車保険)なのです。


取り扱い損害保険会社一覧(五十音順)

    Blogger Comment
    Facebook Comment